在宅事業部 阿部真治(入社5年目)

Q. 所属する部署はどのような仕事をしているのですか。
私は滋賀支店の在宅事業部に所属しています。在宅事業部では、主に介護保険を通じて、福祉用具のレンタル・販売を行っています。また、病院から在宅に戻られ、ご自宅で療養される方に対しても、より快適で安全に暮らしていただけるよう、福祉用具などのご提案を行っています。そのほかに住宅改修や在宅医療機器の販売など業務内容は多岐に渡ります。
Q. 具体的な仕事内容について教えてください。
在宅事業部は、基本的にはケアマネージャーさんから依頼をいただき、ご利用者様の身体状況などをお伺いした上で、実際にご利用者様のご自宅に訪問しています。そしてお住まいの環境や、介助される方が困られていることなどをお伺いし、最適な商品を選びご提案しています。また介護施設への商品の納品や、在宅医療機器の販売、ストーマ装具や、おむつの販売等、数多くの商品を取り扱っています。
Q. この会社を選んだ理由を教えてください。
大学では、福祉のことを主に学んでいましたので、学んでいる知識を生かしたいと思い、福祉関係の企業を探していたときに、三笑堂と出会いました。それまで全く知らなかったのですが、企業であり、かつ福祉関係の仕事ができるという魅力にひかれ、この会社を選びました。また、祖母が要介護状態にあり、介護の大変さを目の当たりにしていたので、少しでも介護が楽になるお手伝いをしたいと思っていたことも大きな理由かもしれません。
Q. どのような学生時代を過ごしてきたのか教えてください。
高校時代はバレーボールに明け暮れていました。大学時代は勉強をしつつ、レストランで接客のアルバイト、趣味ではツーリングをしていました。接客の仕事をすることで、色々な人と出会ったこと、ご年配の方と一緒にツーリングに参加し、話をしていたことなどが、今の仕事に役立っていると感じます。ただ、今振り返ると、もう少ししっかり勉強をしておけばよかったと思っています。
Q. 職場の第一印象を教えてください。
上司・部下どちらにも、意見を言ったり、相談したりできる明るい職場だと思います。社員の皆さんが元気のある会社なので新入社員として入社されても違和感なく溶け込むことができると思います。もちろん仕事中は真剣で、メリハリもきっちりしていますよ。
Q. 仕事のやりがいや面白さをお聞かせください。
ご利用者の方に喜んでいただけることが一番のやりがいです。ご本人様や、ご家族様から私のお薦めした福祉用具を使って「本当に助かっています」「リハビリが出来るようになって、安定して歩けるようになりました」などと、直接お声をかけていただけることが仕事の励みになっています。また、営業職ですので、ケアマネージャーさんから新規のお仕事を頂けたときは、本当に嬉しいです。ケアマネージャーさんに信頼していただき、お仕事をいただくにはどうすればよいか創意工夫して考えるのも仕事の面白さのひとつです。
Q. 将来的にはどんな仕事をやりたいかお聞かせください。
ご利用者様やケアマネージャーさんなどのお客様に信頼され、また、社内でも上司や部下に信頼され、「阿部くんに頼めば大丈夫」と誰からも思ってもらえるように努力していきたいです。プライベートでは、今1歳の息子がいますが、物心がついた頃に、「将来はお父さんと同じ仕事がしたい!」と思ってもらえるような姿を見せたいです。

就職を希望している皆さんへメッセージをお願いします。

就職活動をされる中で、思い描いている理想と上手くいかない現実に悩んでしまうことも多くあると思います。しかし、決して諦めることなく、自分自身を見つめなおして最後まで努力することが大切です。就職活動をして、良い会社に入社することがゴールなのではありません。入社してからどういった仕事をするのか、どういった気持ちで仕事に取り組むのかが大切です。就職活動は、学生時代の集大成と、楽しむぐらいの気持ちで行ってみたほうが楽になると思います。ぜひリラックスして、自分自身が本当に伝えたいことを面接で伝えてみてください!

職種から知る

  • 在宅事業部 阿部真治
  • ニューロ/IVR事業部
  • バイオ事業部 高領謙吾
  • 医薬品事業部 中村方彦
  • 医療事業 佐藤康平

新入社員の一日を見る

  • エンドスコピー事業部 宇山彩美
  • 在宅事業部 上杉奈緒美
  • 医療事業2部 小川麻里
ENTRY エントリー